icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第5章彼女と共に
文字数:3251    |    更新日時:20/02/2021

ニコールはさきほど電話口でどれほど冷酷にカーが話していたかを忘れることができなかった。 その言葉によって、彼はその女性としばらく付き合っていたのだということが分かった。 にもかかわらず、彼はその女性に中絶を強制した。 ましてや、自分は彼にとって単に一夜を過ごしたたいした意味のない人だったのだ。

ニコールはジェイにだけは父親が冷淡な男だということを知ってほしくなかった。 それ以上に、カーがジェイが本当に誰なのかを分かってしまったらどうなるかを彼女は想像することができなかった。 そして、その瞬間に彼女の頭に浮かんでいた唯一のことがあった。

それは、カーに絶対に自分たちのことを知られてはいけないということだった。

リバーサイドガーデンの外に車が停まるまで、沈黙が続いていた。 ニコールが一言もいわずに車から降りようとした瞬間、カーが急に眼を開けた。

「息子さんをつれて来ればいい。 車を待たせておこう」

ニコールはその言葉に初めはショックを受けたが、なんとかそれを乗り越えて、静かに微笑んで言った。

「ありがとうございます、グー様。 ですが、私の家はここから近く、息子は人見知りをするタイプなので、 これ以上ご迷惑をお掛けするわけにはまいりません」

辞退された提案に、カーはそれ以上なにもいわなかった。 ただ、質問を彼女になげかけた。

「なぜ、お前が忙しいとき父親に子どもの世話をさせておかないんだ?」

静かにニコールはこぶしを握り締めていた。 「私には夫がおりません」

なるほど、結婚をしていなかった未婚の母なのだ。

それを知ったカーの顔が一瞬ぱっと喜びで明るくなった。ニコールが車から降りてリバーサイドガーデンに入っていったのを見て、 彼は運転手に帰ろうと伝えた。ちょうどその時、アシスタントが突然電話をかけてきた。

「グー様。 送金は完了しております。 仰る通りでした。 その子どもはまったくグー様のお子さんではないです。 彼女はこの生まれてくる子どものおかげで、裕福になると思ったのですが、 グー様の脅かしで、すべて白状しました」

冷笑でカーの口角がめくれ上がった。 「もう、それでいい。 もっと重要なことがあるだろう」

電話口の向こうではアシスタントが罪悪感でためらっている様子だった。

「大変申し訳ございません。 グー様。 7年前のあの夜、ホテルは電力が弱まってしまったため、ビデオが録画されていなかったのだそうです。 ですのでお話しされた女性についてはまだ分からず終いで…」

「それで7年間待たされていたのだと?」

カーの口調には攻撃性が感じられた。 「彼女を見つけるために少し時間をかけても、それは問題ではないと前に話していただろう。 だが、これまで俺のために何年も働いてきているから、俺があまり忍耐強いほうではないのは君はよく見て知っている」

電話口の向こうにいるアシスタントは大きく深呼吸をして、何か言おうとしていたが、一言いう前にカーは電話を切ってしまった。 革のシートにだらりと寄りかかっていたカーの目の色は 濃い色をしていた。

さっきカーは目を閉じたが、ニコールが彼に向けた視線をまだ感じていた。 そして、彼女は去ろうとしたときに、うまく自分の本心を隠したようだった。しかし、彼女がどんなに隠そうと、その声が震えていたのをカーは聞き逃さなかった。

彼女は怯えていた。しかし、何に怯えていたのだろうか?

その間、リバーサイドガーデンのバーロンの家では、ニコールは青ざめた顔をして、手を震わせながらソファに座っていた。 バーロンの心配そうな表情をみて、彼女は深呼吸をすると、かすれ声で話し始めた。

「バーロン、お願い」

いま彼女が唯一信用できるのは、バーロンだけだったのだ。

酷く青ざめた顔でニコールが振り向いたので、バーロンの表情もさらに緊張した。

「どうしたんだ?」

ニコールは寝ている息子をちらりと見ると、何とか自分を落ち着かせようと最善を尽くした。

「私の過去はすべて消さなくてはならないの。 誰かに私の過去を知られるわけにはいかない。 ジェイの父親が私からジェイを連れ去るようなことだけは避けなくては」

彼女はカーが実はジェイの父親であることをバーロンに告げるべきか分からなかった。

どれほどの有力者なのかまだカーのことを十分に知らなかったのだが、おおよそ推測はできた。 だから、バーロンの将来には迷惑をかけたくなかったので、彼に告げないほうがいいだろうとニコールは判断した。

「そうか、わかった。 心配しないで」

ニコールがどれほどジェイを大切にしているかはバーロンには十分に分かっていたので、彼はニコールに対する本当の気持ちを話さないように決めていた。

なぜかというと、ニコールが6歳の息子を一人で育てているということは彼にとっては問題なかったにしても、彼の家族はジェイを受け入れることは決してないからだ。

ニコールがジェイを抱いてリバーサイドガーデンを出た時に、彼女は黒いポルシェが戻ってきているのには気づかなかった。 その車は彼女から離れたところで、暗闇の中に隠れていた。

カーの鋭い黒い眼は暗闇の中でも明るかった。

そして、アシスタントに今度は彼の方から電話をかけた。

「新たに採用したニコール・ニンについて調査しろ」

アシスタントが返事をする前に、カーは電話をきった。

翌日、カーは事務所に座って、アシスタントのジャレドが集めた情報に目を通していたのだが、穏やかな表情が突然暗くなった。

ジャレドが彼に渡した資料は、ニコールがグーグループの人事に提出したものと同じ内容だった。 彼女はマンハッタン大学へ進学する前の情報は一切載っておらず、子どもの父親が誰なのかもわからなかった。

「これしかないのか?」

カーの声があまりにも冷たいので、ジャレドは頭を下げてカーの目を見るのを恐れているようだった。

「グー様。 私がニコールについて調査したときに、これが唯一の資料だったのです。 不思議なことですが、ニン家の人間であることが分かっていますが、ニン家の倒産から間もなくニコールがマンハッタンにいっていきました」

「それに、彼女の息子についての情報は全く見つからないのです。 誰かと一夜限りの関係をもって、こっそりと出産をしたのかもしれませんが、それで何も情報がないと考えられます」

ジャレドがカーの元で長い間働いてきたので、彼がどういう人なのかは相当理解していた。 確かに、これほどカーが女性について興味を持つ姿を見るのは大変奇妙なことだった。

カーは退屈そうに、これ以上調査してもしょうがないという風に手を振ってみせた。 しかし、それでもニコールは彼に深い印象をのこしていた。

「俺の記憶が正しければ、今夜は仕事の打ち合わせを兼ねた夕食会があるだろう」

「はい。ソグループの社長、ソーグループの若旦那、それからこのプロジェクトにかかわっている社員何人かが同席します」

カーのアシスタントとして、ジャレドは、例の7年前のこととニコールのことを調べろと言われたことでない限り、なんにでも優れた能力をみせた。

「このプロジェクトにはディレクターのニンも関係している。 確かそうだったよな?」

カーは、ニコールに関するファイルの写真に目線を落とし、しばらく何かを深く考えているようだった。

ジャレドはショックからすぐに抜け出ていて、それに反応した。 彼はうなずいて言った。

「もちろんですとも、 グー様。 どうぞご心配なく」

そういうと、ジャレドはソグループとの計画の資料が入ったファイルを手に取って、ニコールのオフィスへと行って、そっとドアをノックした。

トン、トン、トン。

「どうぞ、お入りください」

ニコールはパソコン画面を見たままだった。 彼女はドアから誰が入って来るかわざわざ目を上げて確認することをしなかった。

「ニンディレクター、これから始まろうとしているプロジェクトの計画です。グーグループとソグループの協力プロジェクトについてです。 グー様が、 このプロジェクトは、あなたが担当するようにとのことです」

ジャレドは話しながら、書類をニコールの目の前の机に置いた。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章ハンサムな見知らぬ男2 第2章帰国3 第3章七年ぶりの再会4 第4章彼に知られてはいけない5 第5章彼女と共に6 第6章見知らぬ女性が嫌だった7 第7章久しぶり8 第8章旧友との再会9 第9章よくも俺の部下に手を出したものだ!10 第10章ゆりかごで息の根を止める11 第11章バカママ12 第12章証拠は破棄し忘れないように13 第13章今度はまた何をやらかした14 第14章頭がいいのは僕のせい? 15 第15章父親と息子の出会い16 第16章俺に抱きつくのが好き 17 第17章彼の息子18 第18章お楽しみの時間19 第19章彼女じゃない20 第20章7年前の娘じゃない21 第21章罠なのか22 第22章俺の愛を独り占めしたいのか23 第23章三人家族24 第24章血を見るのと注射が苦手25 第25章父親になってもらいたい26 第26章命より大切な人27 第27章旧友の帰国28 第28章特別扱い29 第29章彼女の注意を呼び起こす30 第30章大胆にも彼は本当に入ってきた31 第31章あり得ないことはない32 第32章彼の言い分33 第33章新しい学校は気に入りましたか34 第34章ジェイは僕の息子だ35 第35章だから何? 36 第36章彼女との結婚を望む37 第37章親切なグーおじさん38 第38章良い評判の家柄39 第39章ジェイの寝言40 第40章お邪魔ならごめんなさい41 第41章あなたを軽蔑する42 第42章あなたとは関係ない43 第43章何もその事実を変えることはできない44 第44章ろくでなしが二人いる45 第45章俺の女になる運命だ46 第46章あなたじゃない誰か47 第47章彼を誤解していた48 第48章人間それとも、幽霊?49 第49章お嬢さん、あなたは誰50 第50章評判を落としたくない51 第51章選択肢はひとつ52 第52章話に乗るしかない53 第53章いざこざ54 第54章わざと55 第55章目を開けるな56 第56章口約束57 第57章腕に抱きたいのは君だけ58 第58章問題は解決した59 第59章なぜそんなに沢山の女がいるの60 第60章どうして夢を叶えないと言い切れる61 第61章彼女をトラブルに巻き込むな62 第62章食べ物を無駄にしてはいけない63 第63章成功を祈る64 第64章コントロール不能65 第65章ソウルメイト66 第66章私生児67 第67章父子鑑定68 第68章人魚は小さな池では生きられない69 第69章グー家の女主人70 第70章子どもの頃は僕とそっくり71 第71章なぜ服を着てないの72 第72章あなたの選択は私の選択73 第73章彼の腕の中74 第74章今晩、君を待っている75 第75章彼の謝罪を受け入れる76 第76章関わらないで77 第77章俺を好きだと正直に認めろ78 第78章ここから離れたい79 第79章エイブリーとの再会80 第80章犬が噛んだ痕81 第81章彼女だけの秘密82 第82章賭けようとしてるのか?83 第83章グー家の本家にて84 第84章心のままに85 第85章CapítuloRainyNight86 第86章Capítuloあなたのもののどこか87 第87章Capítulo良い話88 第88章CapítuloGoHome89 第89章Capítulo私は自分が間違っていることに気づきました90 第90章Capítulo彼女の夢から目を覚ます91 第91章Capítulo意味のないもの92 第92章Capítulo自動車事故93 第93章Capítuloジェイは元気になります94 第94章Capítulo輸血95 第95章Capítulo約束を守ります96 第96章Capítuloジェイは痛くない97 第97章Capítulo彼を押しのける98 第98章Capítulo別のスパイ99 第99章Capítulo入札イベント100 第100章Capítulo失神