icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第9章よくも俺の部下に手を出したものだ!
文字数:3671    |    更新日時:20/02/2021

しかし、それは無理だった! 彼女の身体が震え、背筋がぞくぞくしていた。 胸の動機も激しくなった。 カーを見る勇気はなかったが、彼が自分をにらみつけているのが感じられた。

ニコールは絶望的だった。 短い息を吐き、頭の中はぐるぐると猛スピードで回っていた。 どうしよう! カーは、知ってしまったに違いない。あの夜の逃げた女性が自分であったということを。

不意に振られて、転倒しそうになったフィオナは、 ニコールをにらみつけて、 怒りのあまり、息が荒くなっていた。

「ニコール、自分がまだニン家の高貴なお嬢さんのつもりなの? 7年前のことは忘れたの?あなたは完全に恥知らずの尻軽女だったわ。 グー様に知られたら、 困るだろうね?」

「7年前に、あなたが自ら男のベッドに…」

フィオナが昔の話を持ち出そうとしているのを見て、ニコールは反論して彼女がそれ以上話すのを止めた。

「うるさいわね、フィオナ。 グレゴリーとあなた二人はビジネスのために私を利用したことはわかってる。 ここでそれをわざわざ説明しなくてもいい。 あなたたちは目標を達成するためなら、何でもするわね。 本当に恥知らずだわ」

過去の出来事について、ニコールは何の心配はなかった。 7年前に夜を共にした女性が自分だとカーは気づいていなければ、彼女は恐れる必要はなかった。

彼女が裏切られたことをカーに知られたとしても、それは構わなかった。 なぜなら、それは彼女のせいではないのだから、恥ずかしいなんて思う必要はなかった。

グレゴリーはニコールの後をついてくる途中、彼女の皮肉を聞いた。 もともと彼はカーに良い印象を与えたかった。 何を言っても、ソーグループは今、カーに助けて貰わなければならないのだ。だから、彼は慌てて反論した。

「それは違うよ、ニコール。 君の代わりにフィオナを選んだことに怒ったのは分かったが、 君の方がニン家を再興させようと、自分を売ったの。 だから、ソー家は不潔なあなたを受け入れられなかった」

グレゴリーはすぐそばにいるカーの顔を横目で確認しながら、反論していた。 カーはそれらを冷静に見ているだけだった。 彼の意味深いまなざしの奥に何がありそうだった。

彼は、意見することもなければ、その場を離れることもしなかった。

そのため、グレゴリーは真顔で姿勢を正して、自分は間違っていないという素振りをしてみせた。 フィオナと意見を一致させれば、ニコールはどうやっても疑いを晴らすことができないだろう。

ところが、ニコールは怒った顔をせず、皮肉めいた笑みを浮かべただけだ。

ニコールにとって、今ではグレゴリーとフィオナは自分とは一切関係がなかったからだ。 彼女は自分の気にする人のみの話が気になるのだ。

そういうわけで、グレゴリーとフィオナの二人に何を言われようと、どうでもよかったのだ。 彼女はただ、その二人の「芝居」を見ていた。 その表情は冷たかった。

「マンハッタンから帰ってきて、こっちで自分の本来の姿を隠し通せると思ったの? 夢にでも思わないわ、ニコール。 あなたが尻軽女だという事実は、 どれほど隠そうとしても、変わらないわ」

グレゴリーをちらりと見ながら、フィオナは再び勇気を出したかのように、ニコールを罵倒し続けた。 しかも、 カーはニコールをかばおうともしなかった。 ニコールにはもう完全にカーは関心がないのだとフィオナが確信していた。

「お二人の演技のうまさには脱帽だわ。 ソーグループはもう損失を埋められないのは、ソーさんが演技力を磨くことにすべての時間を費やしたので、 ソーグループを管理する時間がなくなるからだろう」

ニコールは冷笑して、グレゴリーの最大の弱点を突いた。 屈辱的な一撃を食わせた。

「パンッ!」

大きな平手打ちの音がした。ニコールはその平手打ちにより頭が横に傾いた。 思わず打たれた方の頬に手をあてると、 腫れあがり熱くなった頬を感じていた。

グレゴリーは手を挙げたまま、唖然とした。 ニコールに平手打ちをしたのは完全に無意識な行動だった。 今のソーグループに対して、彼に確かに責任があった。だから、ニコールの話を聞いて、思わずキレちゃった。

自分がソーグループの失敗を導いたと言われるのは、グレゴリーにとって許さないことだった。 尊厳を傷つけられると感じたのだからだ。

「よくも俺の部下に手を出したものだね!」

カーは、まだあがったままのグレゴリーの手首をつかんだ。 彼に冷たいまなざしを投げかけた。 それまでは穏やかに見えたカーの視線には、相手を脅かす血のような殺意が感じられた。

「グー様 ぼ、僕は…」

グレゴリーは、恐怖のあまりそれ以上口出しができなかった。 カーはまるで地獄から来たかのように、目つきも顔も怖かった。 彼はまさしく世界を支配しているようだった。 あまりの不気味さに、グレゴリーは恐ろしくて何も考える事などできなくなっていた。

そして、言葉を最後まで言おうとする前に、グレゴリーは骨の折れる音をきいた。 汗がどっとあふれ出した彼は、 痛みで大声を出した。

「ああ!」

腕を抱いて、グレゴリーは痛みに苦しみながら、床に倒れこんだ。 腕の痛みは矢が刺さったようだった。彼の身体が震えた。

恐ろしい表情をしたグレゴリーを見ながら一歩後退したフィオナは、驚きのあまりよろめき、とても愚かに見えた。

カーは倒れたグレゴリーを無視すると、大急ぎでニコールの方へとかけよった。 そして彼女の小さな顔をそっと手にして、気を付けながら横に傾けた。 赤く腫れあがったニコールの頬を彼はじっと見つめた。 胸がわずかに痛んだカーは、 より不機嫌になった。

「ついて来なさい」

カーはニコールの返事を待たず、 彼女の手首をつかみ、すぐに外へと連れだした。

ほんの少しの瞬間、ニコールはぼんやりしていた。 自分の手をカーが握っていると気づき、 彼女は本当に驚いたのだ。 あまりの速さで物事は進んだからだ。カーが自分のためにグレゴリーをやっつけてくれるとは思ってもみなかった。

ニコールを後部座席に座らせてから、カーは自分も乗り込んだ。 彼はずっと腫れあがったニコールの頬を見つめていた。 グレゴリーは明らかに力いっぱいに彼女をひっぱたいた。

そのため、ニコールは、半分がひどく腫れあがった顔をしていた。

「痛むか?」

車に乗ってから、ようやくニコールは我に返った。 そして、優しいカーの声に、思わず顔を赤らめた。 そっと頭を動かして、カーから目線をそらした。

「いいえ」

ニコールはつぶやいた。 顔は少しだけ熱っぽかったが、触れないと痛みはないのだ。

カーは驚いた表情をしていたニコールを見つめていた。 もしもほかの女だったら、自分の同情を得るために泣き叫んでいたに違いない。

しかし、今彼の隣に座っている女性は痛みを感じないか、暴力を受けていないかのように冷静だった。

「行こう」

カーは運転手にこう言いながら、姿勢を伸ばし、座席に座り直した。

その一方、ニコールはずっと フィオナが何かをカーに話したのではないかと心配していた。でなければ、彼がこのように自分を助けたりはしなかったのではないかと。 考えれば考えるほど、ニコールは不安になっていった。

「何、何でしょうか?」

ニコールはカーが何かを言ったと思い、どもりながら返事をした。 彼女は手が震えていた。

しかし、話し始めた瞬間に、カーは運転手へ指示を出したことに気づいた。

そして、彼女はすぐに窓の外へと目をやって、何事もなかったかのようにふるまおうとしたが、ひどく恥ずかしかった。

普段の彼女はいつも誰かに対して失礼だったことはなかったが、さっきは頭の中がいっぱいだから、勘違いしていただけだ。

カーはいつもよりも変な彼女の反応に、眉を少しひそめた。 ただ、それに対して何も言わなかった。

カーはニコールのことを謎めいた存在だと感じていたのだ。

二人ともお互いに穏やかに黙って、互いに何かを考えながら座っていた。 そして、すぐに車はコミュニティの入り口の目の前まで到着した。 ニコールは薬局を見つけたので、 運転手に車を止めてもらった。

「すみません、ここで止まってください」

そのまま家に帰るわけにはいかない。 なぜなら、ジェイが自分の顔を見て、とても心配になるからだった。

車を止めてもらい、ニコールはカーの方へと向き直り、丁寧に別れを告げた。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章ハンサムな見知らぬ男2 第2章帰国3 第3章七年ぶりの再会4 第4章彼に知られてはいけない5 第5章彼女と共に6 第6章見知らぬ女性が嫌だった7 第7章久しぶり8 第8章旧友との再会9 第9章よくも俺の部下に手を出したものだ!10 第10章ゆりかごで息の根を止める11 第11章バカママ12 第12章証拠は破棄し忘れないように13 第13章今度はまた何をやらかした14 第14章頭がいいのは僕のせい? 15 第15章父親と息子の出会い16 第16章俺に抱きつくのが好き 17 第17章彼の息子18 第18章お楽しみの時間19 第19章彼女じゃない20 第20章7年前の娘じゃない21 第21章罠なのか22 第22章俺の愛を独り占めしたいのか23 第23章三人家族24 第24章血を見るのと注射が苦手25 第25章父親になってもらいたい26 第26章命より大切な人27 第27章旧友の帰国28 第28章特別扱い29 第29章彼女の注意を呼び起こす30 第30章大胆にも彼は本当に入ってきた31 第31章あり得ないことはない32 第32章彼の言い分33 第33章新しい学校は気に入りましたか34 第34章ジェイは僕の息子だ35 第35章だから何? 36 第36章彼女との結婚を望む37 第37章親切なグーおじさん38 第38章良い評判の家柄39 第39章ジェイの寝言40 第40章お邪魔ならごめんなさい41 第41章あなたを軽蔑する42 第42章あなたとは関係ない43 第43章何もその事実を変えることはできない44 第44章ろくでなしが二人いる45 第45章俺の女になる運命だ46 第46章あなたじゃない誰か47 第47章彼を誤解していた48 第48章人間それとも、幽霊?49 第49章お嬢さん、あなたは誰50 第50章評判を落としたくない51 第51章選択肢はひとつ52 第52章話に乗るしかない53 第53章いざこざ54 第54章わざと55 第55章目を開けるな56 第56章口約束57 第57章腕に抱きたいのは君だけ58 第58章問題は解決した59 第59章なぜそんなに沢山の女がいるの60 第60章どうして夢を叶えないと言い切れる61 第61章彼女をトラブルに巻き込むな62 第62章食べ物を無駄にしてはいけない63 第63章成功を祈る64 第64章コントロール不能65 第65章ソウルメイト66 第66章私生児67 第67章父子鑑定68 第68章人魚は小さな池では生きられない69 第69章グー家の女主人70 第70章子どもの頃は僕とそっくり71 第71章なぜ服を着てないの72 第72章あなたの選択は私の選択73 第73章彼の腕の中74 第74章今晩、君を待っている75 第75章彼の謝罪を受け入れる76 第76章関わらないで77 第77章俺を好きだと正直に認めろ78 第78章ここから離れたい79 第79章エイブリーとの再会80 第80章犬が噛んだ痕81 第81章彼女だけの秘密82 第82章賭けようとしてるのか?83 第83章グー家の本家にて84 第84章心のままに85 第85章CapítuloRainyNight86 第86章Capítuloあなたのもののどこか87 第87章Capítulo良い話88 第88章CapítuloGoHome89 第89章Capítulo私は自分が間違っていることに気づきました90 第90章Capítulo彼女の夢から目を覚ます91 第91章Capítulo意味のないもの92 第92章Capítulo自動車事故93 第93章Capítuloジェイは元気になります94 第94章Capítulo輸血95 第95章Capítulo約束を守ります96 第96章Capítuloジェイは痛くない97 第97章Capítulo彼を押しのける98 第98章Capítulo別のスパイ99 第99章Capítulo入札イベント100 第100章Capítulo失神