icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第3章七年ぶりの再会
文字数:3185    |    更新日時:20/02/2021

車を運転しているバーロンはその話を聞いて、ふと笑い出した。そして、ニコールの気持ちを和ませるため、いくつか冗談を言った。 ニコールが就職する会社が彼女のために用意してくれた家に着いたら、 バーロンは荷物を持って階上まで彼らを送っていった。 その上、必要な日常用品を買うために、 スーパーマーケットまで二人を連れて行った。

「覚えてるかい? 僕がファングループにいる限りは、君がファングループで働く事なんて簡単なんだぜって僕が言っただろう。 いったいなぜ、君はグーグループの仕事を選んだのか? カー・グーがどんなに手ごわい男か知らないの?」 買い物をしている途中、バーロンは半分からかいながらも、半分は真剣にニコールに聞いた。

「いやだ! もし本当にファングループで働いたら、またあなたの盾として扱われるだろう」

ニコールも彼をからかうように、笑いながらスーパーの買い物カートを通路に押して話していた。

「それより、いい加減にガールフレンドを作ったらどうなの? もうそろそろ、あなたの偽のガールフレンドとして、私も少し飽きてきてるのよ」と、ニコールはつけ加えた。

「そんなに飽きてきたのならば、本当のガールフレンドになるってのはどうなのだろう… 」

バーロンは心の中で、そう考えていた。 しかし、彼は本当の気持ちをニコールに伝える勇気がまだなかった。 臆病な自分の性格が嫌だったバーロンは、 苦笑いしながら、ニコールに追いつこうと急いだ。

買い物を終わらせて食事も済ませたニコールとジェイはようやく休むことができた。新しい家とはいえ、二人ともぐっすり眠れた。 ニコールは翌朝、ジェイをすでに連絡を取った小学校へと送った。 校長先生とクラス担当の先生は喜んでジェイを学校の正門で迎えてきた。 そのように賢い子どもが入学してくると知って、二人は嬉しそうに笑った。

新しい場所で息子がうまくやっていけるかどうかニコールは少し心配だったが、ジェイは年齢の割には、大人しくしていて、 ニコールのバッグを片付けながら、彼女に言った。

「ママ、自分のことを心配しなよ、僕は大丈夫だから。 初めて仕事に行く日だよ。 仕事はきちんとするんだね。 僕は飢え死にしたくないから!」

「やんちゃな子だね!」

ニコールは幼い息子をみつめながら笑っていた。 ジェイが学校に入ると、ニコールはタクシーでグーグループへと向かった。 到着すると、ニコールはこの会社の伝説の社長は、なかなかセンスがいいと思った。 建物はガラス張りで、シンプルながらもとてもエレガントだったからだ。 ただ、ひとつだけ問題があった…

「この上をどうやって歩けばいいのかしら! ?」

ニコールは履いていた8センチのハイヒールを困ったように見つめた。 飛ぶような速さで歩く目の前の女性たちを見て、彼女は密かに憧れた。 歯を食いしばると、ニコールはしっかりと一歩を踏み出した。 すると、滑らかな床で足を滑らせてしまった。

くそ! 出社初日に私にこんなことが起きるなんて! 恥さらしだわ!

もうどうすることもできなかったと思い込んだニコールは、 しっかりと目を閉じて、受け身をとって転ぶのに耐えようとした。 でも次の瞬間、たくましい両腕で彼女の身体を支える人が現れた。

眼を薄く開けると、そこにはニコールが少し見覚えのある男の姿があった。

頭を上げたとたんに、冷たい深みのある男の顔が見えた。 それはまるでベテランの職人が彫刻でほったのかと思うような完璧な顔。 ニコールはどこかで見覚えのあるその男を思い出そうとしたとき、その男は手を放した。 あまりにもじっくりと見つめられるので、男は眉を上げた。

「何をみとれているんだ?」

「やだ! なんてことをしたんだろう!」 ニコールは恥べき自分をののしった。 そして、しっかりと直立し、服を整えてエレガントな笑顔で言った。

「有難うございます」

ふーん… ずいぶんと素早く立ち直れるものだな。

カーは、眼を細めてみると、どうもこの女性を見たことがあるような気がした。 しかめっ面をして、彼はアシスタントへと振り向いた。

「この女性はいったい誰なんだ?」

声は低かった。

「グー様。 ニコールさんという方です。 彼女は先月、マンハッタン大学を卒業したばかりの博士です。 会社が高額の給料で雇ったディレクターです」とアシスタントは伝えた。

そのセリフは、二人を驚かせた。 カーはわずかに眉を上げたが、ニコールはショックで口をぽかんと開けそうになった。

信じられない。 出社初日に伝説のカー・グーの目の前に現れて、恥ずかしい思いをするなんて!

息子の言っていたことを思い出し、あまりに悲しくなったニコールは思わず叫びそうになっていた。 ジェイの言う通り、自分はお仕事をたった1分で失うことになったみたい!

予想したとおり、カーは嘲るような表情で彼女を上から下までしらべた。

「ディレクターだって? 関心なさそうに、カーはあざ笑った。

その彼の言葉にあった軽蔑の痕跡に怒り出したニコールは、 歯を食いしばて言った。

「仕事の方はしっかりとやれることを証明いたします。 グー様。 誰にでも長所があれば短所もあるものです。 私は確かに不器用でしたが、そして第一印象を悪くしてしまったに違いないですが。 グー様は事の是非をはっきり区別できる人だと確信しており、 今日起こったことだけでは、私が能力不足だと簡単に判断する人ではないと信じております」

この女はなかなか雄弁だった! カーは肩をすくめた。

「ニコールさん、お言葉通りにぜひ仕事してみせてほしいものだな」

そう言い残して、彼は振り返らずに会社へと入っていった。 ニコールは驚いていたが、 気をつけて足を踏み出し、すべることなく会社へ入った。

なぜなのか分からないのだったが、カーを見た時に心臓が急にドキドキしていた。 何か懐かしいような気持ちが心に感じられたのだった。 だけれども、ディレクターとしての役目は忙しく、報告や契約などさまざまな業務に専念するので、ニコールは手がいっぱいだった。 あまり何もほかに考える暇は今はなさそうだ。

ニコールは大それた性格をしていたが、物事についてはしっかり成し遂げるという自己流のやり方があった。 その朝だけで、彼女は責任者として運営するマーケット部門のすべての業務を明確に理解することができていた。 スタッフ全員との会議を終えると、彼らはニコールに対して深い印象を抱いていた。 すぐに、グーグループ全体にその美しく粘り強さを備えたマーケティング部門のディレクターの評判が広まった。

そのようにして、ニコールはグーグループの社内で確固たる立場を築き上げた。 幸運にも、彼女が就任して間もなく、大規模な提携計画が舞い込んだ。 決定力があり、初月で相当な成功を収めたので、ニコールのビジネス力には誰もが憧れるようになっていた。 カーですら、彼女を評価していた。 それに、ニコールの成功を祝うため、彼は初めてホテルを予約して、パーティーを開催することにした。

贅沢と成功の言葉を受けながらも、ニコールは少し気が落ち込んでいた。

ずっと前に父親がまだ生きていたころには、彼女の一家の会社も順調に発展していた。 当時はニン家の長女として、ニコールはにこやかに社交界で今のようにたくさんの人たちと交流をしていた。 しかし、今そばにいるのは父親ではなく、上司のカーだった。

夕食後、ホテルで音楽をバンドが演奏する中、ダンスフロアでは会社の管理職たちが踊っていた。 それを見て、ニコールは手でこめかみをこすりながら、ため息をついた。

誰もが楽しそうにパーティーに参加しているから、 ニコールも自分の気持ちを高揚させる必要があると思った。なぜなら、このパーティーは彼女のために開かれたものだったから。 彼女だけではなく、社長のカーも、みんなをがっかりさせないため、高い気力を維持しなければならなかった。 ニコールは気づかれないように、横目でそばにいる暗い顔をしているカーをみた。 大きく深呼吸をすると、彼女は自ら率先して手を差し出した。 「踊りませんか?」

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章ハンサムな見知らぬ男2 第2章帰国3 第3章七年ぶりの再会4 第4章彼に知られてはいけない5 第5章彼女と共に6 第6章見知らぬ女性が嫌だった7 第7章久しぶり8 第8章旧友との再会9 第9章よくも俺の部下に手を出したものだ!10 第10章ゆりかごで息の根を止める11 第11章バカママ12 第12章証拠は破棄し忘れないように13 第13章今度はまた何をやらかした14 第14章頭がいいのは僕のせい? 15 第15章父親と息子の出会い16 第16章俺に抱きつくのが好き 17 第17章彼の息子18 第18章お楽しみの時間19 第19章彼女じゃない20 第20章7年前の娘じゃない21 第21章罠なのか22 第22章俺の愛を独り占めしたいのか23 第23章三人家族24 第24章血を見るのと注射が苦手25 第25章父親になってもらいたい26 第26章命より大切な人27 第27章旧友の帰国28 第28章特別扱い29 第29章彼女の注意を呼び起こす30 第30章大胆にも彼は本当に入ってきた31 第31章あり得ないことはない32 第32章彼の言い分33 第33章新しい学校は気に入りましたか34 第34章ジェイは僕の息子だ35 第35章だから何? 36 第36章彼女との結婚を望む37 第37章親切なグーおじさん38 第38章良い評判の家柄39 第39章ジェイの寝言40 第40章お邪魔ならごめんなさい41 第41章あなたを軽蔑する42 第42章あなたとは関係ない43 第43章何もその事実を変えることはできない44 第44章ろくでなしが二人いる45 第45章俺の女になる運命だ46 第46章あなたじゃない誰か47 第47章彼を誤解していた48 第48章人間それとも、幽霊?49 第49章お嬢さん、あなたは誰50 第50章評判を落としたくない51 第51章選択肢はひとつ52 第52章話に乗るしかない53 第53章いざこざ54 第54章わざと55 第55章目を開けるな56 第56章口約束57 第57章腕に抱きたいのは君だけ58 第58章問題は解決した59 第59章なぜそんなに沢山の女がいるの60 第60章どうして夢を叶えないと言い切れる61 第61章彼女をトラブルに巻き込むな62 第62章食べ物を無駄にしてはいけない63 第63章成功を祈る64 第64章コントロール不能65 第65章ソウルメイト66 第66章私生児67 第67章父子鑑定68 第68章人魚は小さな池では生きられない69 第69章グー家の女主人70 第70章子どもの頃は僕とそっくり71 第71章なぜ服を着てないの72 第72章あなたの選択は私の選択73 第73章彼の腕の中74 第74章今晩、君を待っている75 第75章彼の謝罪を受け入れる76 第76章関わらないで77 第77章俺を好きだと正直に認めろ78 第78章ここから離れたい79 第79章エイブリーとの再会80 第80章犬が噛んだ痕81 第81章彼女だけの秘密82 第82章賭けようとしてるのか?83 第83章グー家の本家にて84 第84章心のままに85 第85章CapítuloRainyNight86 第86章Capítuloあなたのもののどこか87 第87章Capítulo良い話88 第88章CapítuloGoHome89 第89章Capítulo私は自分が間違っていることに気づきました90 第90章Capítulo彼女の夢から目を覚ます91 第91章Capítulo意味のないもの92 第92章Capítulo自動車事故93 第93章Capítuloジェイは元気になります94 第94章Capítulo輸血95 第95章Capítulo約束を守ります96 第96章Capítuloジェイは痛くない97 第97章Capítulo彼を押しのける98 第98章Capítulo別のスパイ99 第99章Capítulo入札イベント100 第100章Capítulo失神