icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第13章今度はまた何をやらかした
文字数:3525    |    更新日時:08/04/2021

だから、しょうがなくなったバーロンは、 ニコールに会いに行かざるを得なかった。

「今日は忙しくないの?」

ニコールはジェイの手を握って、 バーロンに向かってゆっくりと歩くと、車に乗り込んだ。

バーロンはいつもよりも何か不自然なニコールの様子に気がつくと、変に思って何気なく尋ねてみた。

「顔どうしたの? 暑い?」

夕方になった今、 顔の怪我を隠そうと、濃い目に施していた化粧が取れてしまっていたので、少し赤みがかかっていた。

「あら、これね! 気にすることはないわ。 その辺の犬が軽く噛んだだけよ」

ニコールはバーロンに軽く顔を歪めて見せると、ジェイの方を見て、とても幸せそうな笑顔になった。

「ジェイが作ったサンドイッチは本当に美味しくて、舌を鳴らすほどだったわ。 でも、ママはまだ食べれるわ」

誰かが一つ食べちゃったからね。

ジェイはそういった会話は好まないといったように顔を背けた。

ふん! 愚かな母親が自分で怪我をしてしまったことを忘れられなかったからだ。 彼はまだ母親にきちんと話を聞いていないと思っていた。 その話を持ち出さないからといって、頭の中から消えてしまったわけではなかった。 ファン叔父さんまで気づかれたので、母親に簡単に誤魔化されたわけがない。

彼女は真実を隠そうとしてるのは、 自分を見下しているのだ!

そう考えながら、ジェイは「一度に二つ食べると十分だよ。 それ以上食べすぎると、腹痛を起こしたり、病気になったりすることもあるので、気をつけてね」といった。

ニコールは時々お腹の調子が悪いことがあったので、ジェイは彼女に食事を管理するように改めて注意したのだった。

6歳の子どもならば、自分のことを制するのも困難なはずだったが、 ジェイとすると、自分のことだけではなく、母親のニコールのことまでも責任を取る必要があった。

「少し褒められたからって、お世辞として受け止めるわけではないことを覚えといて! 本当に怒っているんだから!」

「明日、大好きな煮魚を料理するっていうのはどう? 少しは機嫌を直してくれると思うんだけど?」

ニコールは眉をひそめて、それから笑ってくれそうな表現をしたつもりだった。 場の空気が少しでも軽くなるようにと思っていたが、ニコールは現時点ではそれに成功していないようだった。

「甘い言葉には騙されないよ。 ほめ言葉には何か裏があるだから」

ジェイのこの言葉はバーロンを大笑いさせた。

「ハハッ!」 笑いがこみあげてきて、バーロンは呼吸すらできないほどだった。

この親子は本当におかしいと彼は思った。 まるで立場が逆転している、どっちが母かどっちが息子かがわからないのだ。

「私のことを笑わないで」とニコールははっきりいった。

ニコールはおべっかをいうのにもう疲れてしまっていたので、ジェイに謝るようにいうのは今のところ諦めた。 家に帰ってから息子にまたお説教をされてしまうだろうから。

他の子どもたちは普通は親から逆に教えられているはずだった。 ジェイが何かを彼女に教えるのには慣れてしまっていました。

「女の子の帰宅が遅いと、危険な目にあいかねない」など、 ジェイがニコールにいった言葉だった。

またどんな小言をジェイからいわれるだろうかと、ニコールは頭が痛かった。

「今度はまた何をやらかした?」

マンハッタンでこのシーンは何度も見ているバーロンが聞いた。 そして、今日はまたそのシーンを見た。

「話せば長いのよ。 だから笑わないで。 あなただって子どもがいればすぐに分かるわ」

窓の外を眺めながら、ニコールは言った。 まあ、バーロンに笑われるのは珍しいことではなくて、慣れてしまっていた。 自分は賢い女性だったので、賢い息子を生んだのもおかしくないだろう。

バーロンはそれ以上笑うのをやめて、気にならないといった風に肩をすくめた。 ニコールとジェイのような風変りな親子の組み合わせは世界に数少ないに違いない。

「それで、グーグループで働いて、どうだった? 異国から戻れば、また新しい習慣をみにつけなくちゃならないだろう?もう慣れた?」

バーロンは常にニコールのことを心配していたけれども、彼女は楽観的で常に前向きだったことを理解していた。 やりたいと思ったら彼女はなんでもやるのだった。 彼女はどんな状況においても、自分に迷惑をかけることを嫌っていたので、ファングループを選ばずにグーグループへ行ったのは最初からバーロンが分かっていたことだった。

「ええ、慣れてるよ。 何が問題って、ジェイと一緒にいる時間が少なくなっただけで」

もしも早くジェイの本当の父親がカーであることがわかっていたならば、ニコールはグーグループで働かずにバーロンの世話になっていたはずだった。 しかし、今グーグループを突然やめてしまったら、それこそ疑いが大きくなり兼ねなかった。

ニコールをちらっと見たバーロンは、何か心配なことがあるのだろうと察して、さりげなく言い続けた。

「グーグループは確かにファングループよりも発展して、先を行っている。 カーが会社の責任者となってからは、グーグループは大きく生まれ変わり、そして新たな方向性が見えてきた。 僕だって、カー・グーの会社に貢献するための絶え間なく努力し続ける姿には感服するといわざるを得ない」

伝説的な男として、カーは市内全体の話題にまでなっていた。 別に隠れている訳ではないのだったが、彼はほとんどの時間メディアから離れていようとしたので、実際のカーを見たことがある人は稀だった。

「カーって人は、それほど驚くべき並外れた才能の持ち主なのか? グーグループは長い歴史のある家族が経営している市内でも有名な会社の一つだ。 大規模になっているのも、当然だろう」とバーロンは語った。

こうしたグーグループの詳しい話については、敢えてニコールは知らずにいようとしていた。それよりも、グーグループが将来どうなるかが問題だった。 バーロンがカーに対して好意的に評価していたのをきくと、ニコールは少しだけ驚いて見せた。

バーロンにはそうした謙虚さがあるのだ。

「それに、カーはグー家の新しい跡取りとして一家を成功へと導く、唯一無二の存在だといわれている。 ビジネスの才能が非常に高く、そして、それは誰よりも優れていて、間違いなく彼には備わった天才的な力がある」

ジェイは後部座席に座ったまま、ニコールやバーロンが気がつかないうちにカーの名前を書き留めていた。

世界中でカーほど立派な人間について耳にしたことがなかったのだ。 ジェイの最も叶えたい願いは、ニコールを守るための強い男になることだった。

そうなることで、ジェイは父親を捜し出して、なぜ自分と母親を捨てたのか答えさせようとしていた。

ジェイは本能的に非常に強い権力のある人が自分の父親であると感じていた。なぜなら、どう考えても自分の並外れた知性はニコールから受け継いだものではなかったからだ。

「おそらく。 直接私がカーにあった時は、彼がその伝説の男だとは気がつかなかった。 単なる冷酷な男としてしか見れなかった。全く表情がないの」とニコールはいった。

ニコールはその冷淡な表情を思い出すたびに、震えがとまらなかった。 ジェイは絶対にカーのようになってほしくはないと常に心の中で祈っていた。

スーパーマーケットでは3人でいろんなものを買った。 なので、帰るころにはかなり時間が遅くなっていた。 バーロンはジェイとニコールを連れて外で食事を済ませると、二人を家まで送って行った。

ニコールが家の照明を消すまでバーロンは見守っていた。 それを確認してから、バーロンはゆっくりと車を出した。 自分の言いたい話がまた言えなかった。

一方、ジャレドがカーの傍らにいた。 ようやく手に持っていた電話が鳴った。

ニコールが退社してから、ちゃんと家に着いたかどうかを彼女の家のボディガードに報告するようにとジャレドが命令を出していた。もちろん、彼はカーの言うことを聞いたからだ。 今までずっとその報告を待っていたのだった。

カーは何もいわなかったのだが、ジャレドは自分の上司がピリピリとした沈黙を続けていることには気づいていた。 この報告にジャレドははっと息をのみ、とても緊張をした。

そして電話を切った瞬間に、彼は口を開いて何か言わなくてはと思った。

「グー様。 ニンさんは家に到着しました。 ファングループのバーロン・ファンが送迎したようです。

カーは上を向いて時計を見た。 もう8時半だぞ、まだまだ早かったが、バーロンと一緒だったの? 彼は考えていた。

「俺に伝えた情報には、ニコールがバーロンと知り合いだってことはなかったが」と、カーはいった。

必要以上に落ち着いた声に、ジャレドは脅かされているように感じた。 そして足が動かなくなったように感じた。 不安になりながらも、即座にこう答えた。

「バーロンさんとニンさんの関係は、マンハッタンで知り合ったもののようです。 級友でいらしたようです」

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章ハンサムな見知らぬ男2 第2章帰国3 第3章七年ぶりの再会4 第4章彼に知られてはいけない5 第5章彼女と共に6 第6章見知らぬ女性が嫌だった7 第7章久しぶり8 第8章旧友との再会9 第9章よくも俺の部下に手を出したものだ!10 第10章ゆりかごで息の根を止める11 第11章バカママ12 第12章証拠は破棄し忘れないように13 第13章今度はまた何をやらかした14 第14章頭がいいのは僕のせい? 15 第15章父親と息子の出会い16 第16章俺に抱きつくのが好き 17 第17章彼の息子18 第18章お楽しみの時間19 第19章彼女じゃない20 第20章7年前の娘じゃない21 第21章罠なのか22 第22章俺の愛を独り占めしたいのか23 第23章三人家族24 第24章血を見るのと注射が苦手25 第25章父親になってもらいたい26 第26章命より大切な人27 第27章旧友の帰国28 第28章特別扱い29 第29章彼女の注意を呼び起こす30 第30章大胆にも彼は本当に入ってきた31 第31章あり得ないことはない32 第32章彼の言い分33 第33章新しい学校は気に入りましたか34 第34章ジェイは僕の息子だ35 第35章だから何? 36 第36章彼女との結婚を望む37 第37章親切なグーおじさん38 第38章良い評判の家柄39 第39章ジェイの寝言40 第40章お邪魔ならごめんなさい41 第41章あなたを軽蔑する42 第42章あなたとは関係ない43 第43章何もその事実を変えることはできない44 第44章ろくでなしが二人いる45 第45章俺の女になる運命だ46 第46章あなたじゃない誰か47 第47章彼を誤解していた48 第48章人間それとも、幽霊?49 第49章お嬢さん、あなたは誰50 第50章評判を落としたくない51 第51章選択肢はひとつ52 第52章話に乗るしかない53 第53章いざこざ54 第54章わざと55 第55章目を開けるな56 第56章口約束57 第57章腕に抱きたいのは君だけ58 第58章問題は解決した59 第59章なぜそんなに沢山の女がいるの60 第60章どうして夢を叶えないと言い切れる61 第61章彼女をトラブルに巻き込むな62 第62章食べ物を無駄にしてはいけない63 第63章成功を祈る64 第64章コントロール不能65 第65章ソウルメイト66 第66章私生児67 第67章父子鑑定68 第68章人魚は小さな池では生きられない69 第69章グー家の女主人70 第70章子どもの頃は僕とそっくり71 第71章なぜ服を着てないの72 第72章あなたの選択は私の選択73 第73章彼の腕の中74 第74章今晩、君を待っている75 第75章彼の謝罪を受け入れる76 第76章関わらないで77 第77章俺を好きだと正直に認めろ78 第78章ここから離れたい79 第79章エイブリーとの再会80 第80章犬が噛んだ痕81 第81章彼女だけの秘密82 第82章賭けようとしてるのか?83 第83章グー家の本家にて84 第84章心のままに85 第85章CapítuloRainyNight86 第86章Capítuloあなたのもののどこか87 第87章Capítulo良い話88 第88章CapítuloGoHome89 第89章Capítulo私は自分が間違っていることに気づきました90 第90章Capítulo彼女の夢から目を覚ます91 第91章Capítulo意味のないもの92 第92章Capítulo自動車事故93 第93章Capítuloジェイは元気になります94 第94章Capítulo輸血95 第95章Capítulo約束を守ります96 第96章Capítuloジェイは痛くない97 第97章Capítulo彼を押しのける98 第98章Capítulo別のスパイ99 第99章Capítulo入札イベント100 第100章Capítulo失神