icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第11章ジジイとの結婚
文字数:3114    |    更新日時:08/04/2021

リー家が倒産した後、仕事を生活の糧としていたウェンディーは、数日で仕事に行かなくなった。 彼女は、ゾーイと一緒にローラの祖母の葬式などを手伝っていた。

ローラがいなくなったあの日、ウェンディは着替えるためだけに家に帰った。 しかし、彼女が戻ってきてわかったのは、ローラが別荘を出て行ったということだけで、その後の数日ローラと連絡を取ることすらできなかった。 ゾーイは友達に彼女を探してもらうように頼んだが、無駄だった。 ウェンディはそれ以来、彼女が自殺するのではないかとずっと心配していた。 無事にカフェにいるローラを見て、ウェンディは彼女を強く抱きしめた。

「ウェンディ、心配させてごめんね」 その時のウェンディの気持ちがわかったローラは、目に涙を浮かべながら言った。 「まだ二人の本当の親友がいて、幸せだわ」 彼女はとても幸せだった。

「どこに行ってたの? 私、心配だったのよ... あなたがバカなことでもするんじゃないかって、ずっと不安で…」 ウェンディは、その3つ文字を口から出すことすらできなかった。

「バカね。 ワタシにはパパとあなたがいるから、そんなことしないわ」 実際、彼女は父親が去った日に自分の命を絶とうとしていた。 しかし、彼女は後に気を失った。 それから、自殺しようと思わなくなった。

「教えて、あなたがどこにいたの? どうだったの? ここに来る途中で、モーメンツの投稿を見たのよ。 もう結婚したの?」 ウェンディは涙を拭いて落ち着き、ローラとは反対側に座った。

ウェンディはローラに起きたことを可哀想に思った。 かつて彼女がとても幸せで華やかな生活を送っていたことは、D市に知らない者はいない。

因縁深い敵同士であるローラとリリアンは、D市の上流階級で認められた美人だった。 ローラは元気で明るい子で、リリアンはクールで優雅な子だった。

二人には数え切れないほどの求婚者がいた。 誰もが知っているように、かつてローラは大事に甘やかされて育った。 彼女がマイクのような男に恋をした理由は、誰も分からない。

「最近のワタシは絶好調よ。 それに本当に結婚したの。 祝福してちょうだい!」 幸せそうな顔を見せたくて、ローラは無理やり笑顔を作った。

その後、ウェンディにここ数日の出来事を簡単に話した。 ハリーについては、彼女は「彼は本当にワタシを大切にしてくれる。 でもその理由がわからないの」と言った。

ウェンディは話を聞きながら、顔をしかめた。 まるでドラマのようだった。 禍を転じて福と為す、なのか?

「ローラ、あなたはあまりにも軽率な決断をしたわね。 初めての夜を一緒に過ごしたとはいえ、お互いに初対面だったのよね?」

ローラもそう思っていた。 しかし彼女は追い詰められていたのだ。

二人は長い間話していた。 外が暗くなってきたので、一緒に鍋を食べに行った。 ローラは幸せだった。 別れ際に、「今はどこで働いているの? 一緒に働きたいわ」とウェンディに言った。

「今は商店街で服を売ってるの。 ローラには向いてないよ。 この仕事は」 ウェンディは、身なりの整ったローラを見て、あそこで働くのはやめたほうがいいと思った。 給料は確かに低くはなかった。 しかし、苦労なくして利益はない。

「なんで? じゃあ、こうしよう。明日か明後日、ワタシが店に行くわ。 ウェンディは、店の人に今人手足りているかどうか聞いておいて」 ローラはウェンディを車で家まで送り、ウェンディが二階に上がるのを見届けるまで帰らなかった。

そして、携帯を取り出して時間を確認した。 ちょうど9時だった。 彼女はゾーイに電話をかけた。

「ソーホーバーのいつもの場所で待ってるわ」 ゾーイが話す前に、ローラは電話を切った。 会えば話ができるからだ。

ソーホーバーで。

夜遊びは始まったばかりだった。 そのため、バーはまだ客で賑わっていなかった。 薄暗く揺らめく照明の下で、数人の人たちは激しいドラムビートとヘビーメタルの音楽に合わせて情熱的に踊っていた。

ローラはカクテルを注文した。 バーテンダーはそっと体を揺らし、手に持ったミキサーを優雅に、そしてしなやかに回転させた。 わずか一分で、バーテンダーはローラにレモンを入れたカクテルを出した。

ローラはカップを持ち、カクテルを口にし、薄暗い一角を見つけて座った。

10分後。

バイクを停め、ゾーイは急いでバーの中へ向かった。すると、いつもの場所で知り合いを見つけ、少し安心した様子だった。

「ウェイター!」 ゾーイは座り、ローラと同じようなカクテルを注文した。

ゾーイは、かすかに微笑むローラを頭の先から足の先までまじまじと見て、彼女の指にはめられたキラキラと輝くダイヤモンドの指輪を見た。 ゾーイは、以前と変わらないローラの姿を見て、ほっとした。

「何があったか説明してくれないか?」 乱れた赤い髪を整えているゾーイを見て、彼がバイクで飛ばしてここに来たのとローラがわかった。 ゾーイの右耳に付けたスカルのピアスが、不気味な光を放っていた。

「何を説明すれば良いの? 見ての通り、ワタシは結婚したわ」 ローラは自嘲の笑みを浮かべた。 祖母が亡くなって間もない頃に結婚したのは、ある意味で不孝者だと思っていた。

ゾーイはきつく顔をしかめながら「ローラ、こんな風に堕落するなんてお前らしくないぞ!」と言った。 「金が奪われたって、 稼ぐ方法ならいくらでもあるだろう? もし仕事が見つからなくても、俺と俺の彼女二人で、きっとおまえを支えることができるよ! どうしてどこの誰かと勝手に結婚したんだ?」 ゾーイの言葉に、ローラはいくらか喜びを感じた。 「ああ!」 彼女はウェンディとゾーイが最高の友達だとわかっていた!

「なんで笑ってるんだ? 頭がおかしくなったんじゃないだろうな?」 ゾーイは呆れ顔をした。

「うるさい! 他人をバカにする方がバカよ! ワタシはただ幸せを感じていただけよ」 彼女にはまだ大事な人たちがいることに、幸せを感じていた。

「お前、絶対に頭がおかしいぞ!」 こんな状況で幸せな気分か?」 ゾーイはローラをぼんやりと見ながら呟いた。

「ウェイター、ロイヤル・サルートのボトルをお願い! ねえゾーイ、今夜はとことん飲もう!」 ローラは、まだ付き添って飲んでくれる友達がいることで元気が出た。

「ちょ、ちょっと待ってよ! ローヤル・サルートのボトルって? それは俺の3、4ヶ月分の給料と同じ値段の物じゃないか! 俺を貧乏にする気なのか!」 ゾーイは泣き出しそうだった。 彼は確かにいくらか貯金をしていたが、そのお金は女にワインを奢るためのお金ではなく、ガールフレンドと結婚に必要なお金だった。

「大丈夫よ、泣かないで、 今日はワタシの奢りよ!」 ゾーイはバーの常連客だ。 ローラはゾーイと一緒にいた頃は、二人が注文したものはそれほど高くなかったので、今回のような高価で、店長が奢ってくれないものを注文しない限り、無料でお酒を楽しんでいた。 それでも、彼はいくらかの割引をしてくれる。

「ローラ! この金をどこで手に入れたんだ?」 ゾーイは首を伸ばしてローラの表情を一つも見逃さないように、注意深く見つめた。

「もちろん夫からよ」 あー、そうか。 夫からもらったのか! ローラは、自然に、そして簡単にそう言ってしまう自分を褒めていた。

ウェイターがすぐにお酒を出した。 ゾーイはボトルを両手に抱えた。 ローラが真実を話すまで、彼はローラを困らせるつもりだった。

「本当のことを言え。 お前は金持ちのジジイと結婚したのか? そうじゃないと、その金をどこで手に入れたんだよ?」」 ゾーイにこう疑われても仕方がない。

ローラは大声で笑った。 ジジイと呼ばれていることを知ったら、ハリーの冷酷な顔にどんな表情を浮かべるだろうか。 ローラはそれを見るのがますます楽しみになった。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章あなたは私を救わなければならない2 第2章最も大切なもの3 第3章秒戚4 第4章あなたの男5 第5章俺ならできる6 第6章俺がいればいいんだ7 第7章もう涙はいらない8 第8章ブルーアイランドモール9 第9章レッドダイヤモンド10 第10章ワタシの言うことを聞かなくてはならないわ11 第11章ジジイとの結婚12 第12章すべてをあげる…ただし…13 第13章ローラと謎の男14 第14章初日出勤15 第15章サラの従姉16 第16章後部座席の男17 第17章酔っていたから18 第18章離婚が成立しました19 第19章ひとりぼっちの夜20 第20章信号無視をしたのは? 21 第21章三人の男22 第22章2日分だから倍返し23 第23章CEOもふつうの男性です24 第24章暴走する奥様25 第25章パトカー4台をスクラップ26 第26章私は絶対にローラを訴えます!27 第27章膝の上の可愛い子ちゃん28 第28章とってもハンサムな男29 第29章上に立つ男 (パート1)30 第30章上に立つ男 (パート2)31 第31章ボスはさすがですね (パート1)32 第32章ボスはさすがですね (パート2)33 第33章子供っぽい笑顔 (パート1)34 第34章子供っぽい笑顔 (パート2)35 第35章ノーアイデア (パート1)36 第36章ノーアイデア (パート2)37 第37章ビッチ (パート1)38 第38章ビッチ (パート2)39 第39章夫に頼る彼女 (パート1)40 第40章夫に頼る彼女 (パート2)41 第41章夫に頼る彼女 (パート3)42 第42章手放さないで (パート1)43 第43章手放さないで (パート2)44 第44章君のために (パート1)45 第45章君のために (パート2)46 第46章初めて会うハリーの母 (パート1)47 第47章初めて会うハリーの母 (パート2)48 第48章初めて会うハリーの母 (パート3)49 第49章女狐 (パート1)50 第50章女狐 (パート2)51 第51章私はあなたのお義母さんじゃないわ (パート1)52 第52章私はあなたのお義母さんじゃないわ (パート2)53 第53章まあ、見てろって (パート1)54 第54章まあ、見てろって (パート2)55 第55章義母が会社に登場 (パート1)56 第56章義母が会社に登場 (パート2)57 第57章ハニー、どうか許して (パート1)58 第58章ハニー、どうか許して (パート2)59 第59章ハニー、どうか許して (パート3)60 第60章章 ウェンディ・ユーの拒絶 (パート1)61 第61章章 ウェンディ・ユーの拒絶 (パート2)62 第62章サプライズとショックは紙一重 (パート1)63 第63章サプライズとショックは紙一重 (パート2)64 第64章サプライズとショックは紙一重 (パート3)65 第65章ヨランダ・モー (パート1)66 第66章ヨランダ・モー (パート2)67 第67章ヨランダ・モー (パート3)68 第68章私はヨランダ・モー、ハリーの婚約者よ (パート1)69 第69章私はヨランダ・モー、ハリーの婚約者よ (パート2)70 第70章私はヨランダ・モー、ハリーの婚約者よ (パート3)71 第71章第 章 家には帰らずに (パート1)72 第72章第 章 家には帰らずに (パート2)73 第73章私が許可する (パート1)74 第74章私が許可する (パート2)75 第75章家で待っててくれ (パート1)76 第76章家で待っててくれ (パート2)77 第77章誤解しないで (パート1)78 第78章誤解しないで (パート2)79 第79章鋭い平手打ち炸裂 (パート1)80 第80章鋭い平手打ち炸裂 (パート2)81 第81章私の妻 (パート1)82 第82章私の妻 (パート2)83 第83章一緒に来て (Part One)84 第84章一緒に来て (Part Two)85 第85章私に平手打ちしたなんて (Part One)86 第86章私に平手打ちしたなんて (Part Two)87 第87章いたずらっ子ノーティ (Part One)88 第88章いたずらっ子ノーティ (Part Two)89 第89章茶色の財布 (Part One)90 第90章茶色の財布 (Part Two)91 第91章あなたの猫は死んでいる (Part One)92 第92章あなたの猫は死んでいる (Part Two)93 第93章めちゃくちゃにされた実験台 (Part One)94 第94章めちゃくちゃにされた実験台 (Part Two)95 第95章私の家から出て行って (Part One)96 第96章私の家から出て行って (Part Two)97 第97章ヨランダの部屋をめちゃめちゃにするわ (Part One)98 第98章ヨランダの部屋をめちゃめちゃにするわ (Part Two)99 第99章大統領 (Part One)100 第100章大統領 (Part Two)