icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第13章ローラと謎の男
文字数:4308    |    更新日時:08/04/2021

「オイ!コラァ! 俺様が誰だか知ってるのか?」 恐怖で仲間の後ろの方に隠れるようにいた成金のボンボンの1人が、自分は副市長の息子だと身分を明かした。

しかし、副市長の息子だと言い終わる前に、マイクの助っ人、ゾーイの助っ人らによる殴り合いが始まった。

夜がすっかり更けた頃だった。

社長のハリーを自宅に送るべく、街灯やネオンが灯る通りを運転手のジョーイは黒いマイバッハを走らせていた。 ハリーの会社の事業展開の1つとして飲食店の経営がある。その事業の1つであるソーホーバーの前を通り過ぎる際、ジョーイはふとその建物に目をやった。

「…あれ? 社長。あそこにとまっているお車ですが…社長のマセラティではないですか? ちょっと目視ですが確認致しますね。 社長、ナンバープレートも社長のマセラティと同じでございますが… お車、盗難に遭われたのでしょうか?」 その車の外見をきちんとハリーに確認させるため、ジョーイは車のスピードを落とした。

「盗難じゃない。妻にあげたんだ。」 ハリーがあまりにもがあっさりとサラリと結婚した事実を口にしたせいで、ジョーイはアクセルとブレーキペダルを 踏み間違えてグインと車が一瞬加速した。 幸いなことに、ジョーイが運転するマイバッハは路肩に寄せていたので、ハリーの身体が大きく動いただけで大事には至らなかった。その後、走行車線に車が戻るといつもの快適な運転に戻った。

「社長…えっと…ご、ご結婚、されたのですか?」 ジョーイは恐る恐る、ボソボソっとした声で尋ねてみた。 なぜ一番ハリーとともに行動しているだろうジョーイが、ボスの結婚という大事なことを知らなかったのだろうか?

「ああ。」 ハリーはまた、サラッとその日のスケジュール確認のように、大した事のないように答えた。 ジョーイは思わず槍でも降ってくるのではないかと運転席から空を見上げた。 ―社長はいつも自分の婚約者を嫌っていたはずだが― ―なぜ密かに結婚したのだろうか?―

「そう言えばジョーイ。あの車、マセラティはどこにいた?」 ハリーはふと何かを感じた。

虫の知らせのような。 ―こんな夜更けに…ローラがまだ外にいるというのか?―

「うちの社のバー、ソーホーバーの外にありました。」

「ジョーイすまない。車があったバーまで戻ってくれ。」

ハリーのひと声で、直進していた黒いマイバッハ車は交差点でUターンをし、ソーホーバーへと向かった。

ジョーイはあえてハリーの妻の車だというマセラティの横に車を停めた。 車から降りたハリーは、マイバッハのリアドアに寄りかかりながらタバコに火をつけた。 さぁ、どうやってローラを探そうか。

ハリーはローラの写真をジョーイに見せ、ある指示をした。

ジョーイが駆け足でソーホーバーへと入っていく。

そしてその2分後、ジョーイが慌ててハリーのもとへ駆け戻ってきた。 「社長!大変です!ト、トイレの前で大勢で殴り合いが! そ、その中に、お、奥様が!! 奥様が男性を殺そうとしています!!!」

「案内しろ!」 息があがっていたジョーイは首を縦にふると、ハリーはタバコを咥えたままジョーイとバーに飛び込んだ。

「やめるんだ!!」 突然、冷静な声がトイレ前の通路に響いた。

バケツで水を浴びせられたかのように、一瞬にして、熱を帯びていた10数名ほどの男性の殴り合いが止まった。

全員がトイレへの通路の入り口に立つ白いシャツを着た男に注目した。

その男はスラックスのポケットに片手を入れ、もう片方の手の指で半分吸ったタバコを挟んでいた。立ち姿はわかったが、通路の明かりは薄暗く、皆、彼の顔までははっきり見えてはいなかった。

しかし、その男はまるでオーラに全身を包まれているようだった。闇の使者のように神秘的かつ冷酷で、見る人を凍りつかせるようなオーラに。 廊下にたむろしていた野次馬たちは無言のまま、その場からスーッと立ち去った。 今まで聞こえてこなかったDJの音楽がよく聞こえてきた。

「お前は誰だ? なぜ俺様らの邪魔をする?」 副市長の息子というボンボンが勇気を振り絞って持って叫んでみたところで、みるからに虚勢を張っていることを晒す結果となっていた。

「ローラ、こっちに来なさい。」 さっきの言葉とは打って変わって、温かみのある声色だった。

ローラはハリーがここに現れたとき、助けが来てホッとした喜びや、なぜハリーがここにいるのかという驚きは感じなかった。反対に少し恐怖を感じていた。 確かに、ローラはトイレに立ったときは完全に酔っぱらっていた。 もしマイクとの思いがけない再会でローラの酔いが少しさめたとすれば、ハリーの登場は彼女を一気にしらふに戻した。

ローラは自然にハリーのもとへと歩いた。 ハリーに1歩1歩1近づけば近づくほど、優しさに包まれるような安心感に満たされていった。 ローラはしおらしくハリーのそばに立っていた。 マイクとゾーイは、天変地異でも起きたかのように目を丸くしてローラを見つめていた。傷の痛みなんてどこかへ飛んでい行ってしまったらしい。

なぜなら、マイクもゾーイも、こんな男性に従順なローラを見たことがなかったからだ。

「社長、ベンに連絡を取りました。」 ジョーイは小声でハリーに伝えたが、その場にいる全員がジョーイの言葉が耳に入った。 ―ベンだと?― ーD市でベンといえば、あの有名なヤクザの組長しかいないぞ?― ―こ、この男。あのベンを電話一本で呼び出したってことか?― ーこの男は一体何者なんだ!―

それからは、誰も、ひと言も、何も言葉を発しなかった。

ジョーイがハリーに報告してから3分。

たったわずか3分で、パジャマ姿のベンが情婦の家からソーホーバーに駆け込んできた。

「兄貴、何があったんですか!!」 荒れた息が少し落ちつき、ふと我に返ると、ベンはガウンも羽織らず、パジャマのまま駆けつけたことに気づいた。 そのうえ、靴ではなくスリッパでやってきたうえに、その左右も間違えているというありさまだった。

そんな出で立ちでも、電話1本で呼び出されても、ベンは目の前のハリーを怒らせる気など微塵もない。 ハリーの手腕がなければこのベンという男はヤクザの組長にはなれなかった、という経緯があったからだ。

ベンの登場で、さっきまで威勢よく殴り合っていた男どもがハリーの登場にも増して大人しくなった。 ―この男は一体何者なんだ?― ―あのベン組長でさえ彼のことを兄貴と呼んだぞ。―

ローラの吐く息からアルコールの匂いがした。

ハリーは明らかに酔っ払っているゾーイに、魂胆を見透かそうとするようなキツイ視線を向けていた。

「おい、マイク。ゾーイの仲間を解放しろ。」

この喧嘩に関わった誰もが恐怖におののきながら、まるで「地獄の王」のようはハリーから下される審判を待っていた。 「ベン。ゾーイとマイクは置いといて。残りの奴らは片腕でも折って、強制的にD市から追い出してくれ。 で、ゾーイは…。」

「やめて!!」

ハリーがゾーイに言及すると、 ローラはハリーの話を遮り 、ゾーイを庇うため身を乗り出した。 ゾーイと一緒に飲みに来ていたことをハリーが面白く思っていないことは明らかだったが、ゾーイはローラの親友である。ローラはゾーイを絶対に守らなければならなかった。

その横でベンとジョーイは緊張していた。

汗がひと筋、身体を伝っていく。 ローラはハリーの話の腰を折っただけではなく、他の男を庇うためハリーに逆らった。 ローラがどんな結末を迎えるのか。

ベンとジョーイの冷や汗は止まらない。

ハリーはナイフのような目つきでローラを一瞥する。 するとローラは可愛らしく首をすぼめると「ゾーイをここに呼んだのはワタシなの。 だからお願い!ゾーイを傷つけないで…じゃなければ…」と言い出した。

―じゃなければ…だと?― ―ハリーと交渉しようとするというのか?― ―社長を脅かすつもりなのか?― ―この女、とんでもない度胸もちだ!― ベンは目を擦り、ローラをじっくりと観察した。

「…じゃなければ、なんだ? んんっ?」 ハリーはローラの顎を乱暴にグイッと引き上げて目線を合わせると、怒りをこめてローラを睨みつけた。

「ねえ…一緒に帰ろう?」 ローラはうっすらと笑みを浮かべて見せた。

―えぇぇぇ!!―

ベンは度肝を抜かれた。 ―よしっ!うまくいった!―

ジョーイは嬉しいような、ホッとしたような複雑な安堵を感じていた。 数秒おいて、ローラの顎からハリーは手を離した。

踵を返して店を出ようとするハリーの背中を見て、ローラはどうなることかとドキドキしていた胸をなで下ろしながらハリーの数歩うしろを歩いた。

ベンとジョーイは顔を見合わせ何か言葉を交わそうとしたが、無意識のうちに止めていた呼吸を戻すのがやっとで、ひきつった笑顔を交わすだけだった。 何てことだ。 パジャマ姿のベンは、ソーホーバーではなく、ふかふかなベッドで夢を見ていたのだろうか。 ハリーが誰かの話に耳を傾けるどころか、誰かの言うことに従うことなど今まであっただろうか。

ジョーイも我に返り、慌ててハリーを追い越し、いつものようにハリーの数歩先を歩いて車まで案内をする。

ハリーが去った後、ホールの室温が一気に上がった。 ベンも冷静さを取り戻し、後ろに控えていた部下にハリーの言う通りの指示を出しその場を離れた。 DJの音楽を消し去るほど、ベンの背後からは助けを乞う悲鳴がソーホーバー中に響き渡っていた。

ゾーイとマイクは、自分たちが呼び寄せた仲間がボコボコに殴られている光景を見つめていたが、その頭の中は真っ白だった。 もちろん突然現れた悪魔のような男が一体誰なのかもわからずじまい。 ―ま、まさか…ローラの夫か?― 気づいたゾーイとマイクは同時顔を見合わせ、こわばった表情で見つめ合った。

マイクは、あの男、ハリーが自分とゾーイを解放した理由を知っていた。

ゾーイはローラの顔に免じて、そして自分は…。 ―ハリーは自らの手で俺を始末するつもりだ。―

―ハリー自身が手を下さなければ意味がないと考えているのだ。―

そのことにマイクは気づいた。

後ろから聞こえる仲間がマイクに助けを求める叫び声を無視し、マイクは慌ててハリーを調べ上げる為に自宅へと飛んで帰った。

一方、ハリーとローラの仮住まいの自宅である園明マナーはというと。

ローラとハリーはジョーイに黒いマイバッハで送ってもらった。 ローラのマセラティはまだソーホーバーの外に停めたままだった。 帰り道の車内。ハリーは何も言わず目を軽く閉じたままだった。ローラも車内にジョーイがいるせいで、恥かしくて何も言えなかった。

自宅に到着したときだった。

ローラはいつものように玄関で靴を履き替えると、慌てて2階の自分の部屋に駆けこみトイレで嘔吐したのだった。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章あなたは私を救わなければならない2 第2章最も大切なもの3 第3章秒戚4 第4章あなたの男5 第5章俺ならできる6 第6章俺がいればいいんだ7 第7章もう涙はいらない8 第8章ブルーアイランドモール9 第9章レッドダイヤモンド10 第10章ワタシの言うことを聞かなくてはならないわ11 第11章ジジイとの結婚12 第12章すべてをあげる…ただし…13 第13章ローラと謎の男14 第14章初日出勤15 第15章サラの従姉16 第16章後部座席の男17 第17章酔っていたから18 第18章離婚が成立しました19 第19章ひとりぼっちの夜20 第20章信号無視をしたのは? 21 第21章三人の男22 第22章2日分だから倍返し23 第23章CEOもふつうの男性です24 第24章暴走する奥様25 第25章パトカー4台をスクラップ26 第26章私は絶対にローラを訴えます!27 第27章膝の上の可愛い子ちゃん28 第28章とってもハンサムな男29 第29章上に立つ男 (パート1)30 第30章上に立つ男 (パート2)31 第31章ボスはさすがですね (パート1)32 第32章ボスはさすがですね (パート2)33 第33章子供っぽい笑顔 (パート1)34 第34章子供っぽい笑顔 (パート2)35 第35章ノーアイデア (パート1)36 第36章ノーアイデア (パート2)37 第37章ビッチ (パート1)38 第38章ビッチ (パート2)39 第39章夫に頼る彼女 (パート1)40 第40章夫に頼る彼女 (パート2)41 第41章夫に頼る彼女 (パート3)42 第42章手放さないで (パート1)43 第43章手放さないで (パート2)44 第44章君のために (パート1)45 第45章君のために (パート2)46 第46章初めて会うハリーの母 (パート1)47 第47章初めて会うハリーの母 (パート2)48 第48章初めて会うハリーの母 (パート3)49 第49章女狐 (パート1)50 第50章女狐 (パート2)51 第51章私はあなたのお義母さんじゃないわ (パート1)52 第52章私はあなたのお義母さんじゃないわ (パート2)53 第53章まあ、見てろって (パート1)54 第54章まあ、見てろって (パート2)55 第55章義母が会社に登場 (パート1)56 第56章義母が会社に登場 (パート2)57 第57章ハニー、どうか許して (パート1)58 第58章ハニー、どうか許して (パート2)59 第59章ハニー、どうか許して (パート3)60 第60章章 ウェンディ・ユーの拒絶 (パート1)61 第61章章 ウェンディ・ユーの拒絶 (パート2)62 第62章サプライズとショックは紙一重 (パート1)63 第63章サプライズとショックは紙一重 (パート2)64 第64章サプライズとショックは紙一重 (パート3)65 第65章ヨランダ・モー (パート1)66 第66章ヨランダ・モー (パート2)67 第67章ヨランダ・モー (パート3)68 第68章私はヨランダ・モー、ハリーの婚約者よ (パート1)69 第69章私はヨランダ・モー、ハリーの婚約者よ (パート2)70 第70章私はヨランダ・モー、ハリーの婚約者よ (パート3)71 第71章第 章 家には帰らずに (パート1)72 第72章第 章 家には帰らずに (パート2)73 第73章私が許可する (パート1)74 第74章私が許可する (パート2)75 第75章家で待っててくれ (パート1)76 第76章家で待っててくれ (パート2)77 第77章誤解しないで (パート1)78 第78章誤解しないで (パート2)79 第79章鋭い平手打ち炸裂 (パート1)80 第80章鋭い平手打ち炸裂 (パート2)81 第81章私の妻 (パート1)82 第82章私の妻 (パート2)83 第83章一緒に来て (Part One)84 第84章一緒に来て (Part Two)85 第85章私に平手打ちしたなんて (Part One)86 第86章私に平手打ちしたなんて (Part Two)87 第87章いたずらっ子ノーティ (Part One)88 第88章いたずらっ子ノーティ (Part Two)89 第89章茶色の財布 (Part One)90 第90章茶色の財布 (Part Two)91 第91章あなたの猫は死んでいる (Part One)92 第92章あなたの猫は死んでいる (Part Two)93 第93章めちゃくちゃにされた実験台 (Part One)94 第94章めちゃくちゃにされた実験台 (Part Two)95 第95章私の家から出て行って (Part One)96 第96章私の家から出て行って (Part Two)97 第97章ヨランダの部屋をめちゃめちゃにするわ (Part One)98 第98章ヨランダの部屋をめちゃめちゃにするわ (Part Two)99 第99章大統領 (Part One)100 第100章大統領 (Part Two)